21世紀の職業 11月26日 音楽プロヂューサー 瀬井 哲也様(セミナー内容)

好きなことを仕事にされている方はこんなにも活き活きとされているのだと、瀬井様から学ぶことができました。
現在、音楽事業を手掛けている瀬井様にとって、音楽は好きで仕方がないものだったといいます。今回は、そこに至るまでの経緯と心境を私たちにわかりやすくお話しして下さいました。

19歳での単身渡米やテレビ局勤務など、様々な出来事を話す様子には、当時のことが未だ鮮やかなものであることを感じさせました。
これまでのご経験の中で共通していたのは、常に自分がどうあるべきかを考えていた点です。

学生時代は自分が何をしたいか頭が溶けるほど悩み、アメリカでは一人進路にもがき、現在はアーテイストが売れるため、お客様に喜んでもらうためにすべきことを全力で考えています。自分が置かれた環境の中で最大限の能力を発揮する姿勢もまた、瀬井様が輝いている一因だと感じました。
好きなことを仕事にするというのは誰もが羨むことですが、時には負の側面が垣間見えることもあるでしょう。それを乗り越えるためには、自身で考え、実行することが大切だと思いました。瀬井様の、好きなことを仕事にするのは人生で一番幸せなことであり、それを見つけるためには色々な世界を見てくることが大切だ、というお言葉は未来ある参加者の胸に響いたのではないでしょうか。
彼らが自分の納得のいく将来を歩んでくれることを願っています。

獨協大学 齊藤 陽奈 2016年11月26日

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%93%e6%a8%aa