‘Listen to your heart ‘ ベルリンより 

掲載日:2016年01月22日

はじめまして、私はベルリン在住の後藤裕起子と申します♪

ヨーロッパに住んで32年目を迎え、日本に住んでいた年月より欧州在住が長くなってしまいました。
ベルリンガイド協会公認ガイド、また通訳として、日独国際交流の仕掛人をやっています(笑)

さて、これから、世界を舞台に活躍して行きたい!また外国の人とお友達になりたい!世界の様子を実感したい!などの希望をお持ちになっている方へ、お贈りしたい言葉があります。

“Listen to your heart”

これは、2005年から日独を舞台にジャズのワークショップを一緒にやってきた、ジャズ音楽家のアンドレア マルッチェリさんと私の合い言葉です。

ひょんなことから、アンドレアさんと音楽を通して世界に友情の輪を広げて行くことになりました。
私は、大の音楽ファンではありますが、ズブの素人。

そんな私が、ジャズワークショップをここまで続けることができたその原点になっているのは、何なのか?
それは、一重に自分の心の声にいつも耳を傾けて行ったからかなって、思っています。

これはアンドレアさんもしかり。ローマ生まれの彼が音楽大学を卒業した後、アメリカに渡りジャズの本場で
プロミュージーシャンとして成功して行くその過程を鑑みても、常にこの原点に返って行ったから、ここまで来れたと、、。

一見、この言葉には自分を中心にしたエゴイスティックな響きがありますが、先ず自分の行きたい道を自分で決めなければ、
一歩も前に進むことは出来ません。また自分の思いを大切にして頂きたい!この自分の深い思いを育てて行くことによって、
自分の中にある特有な能力に気付くことができ、深い思いを実現させて行くその行為に作動して、自分に具わっている能力が発達して行きます。

国際舞台では、先ず自分の考えを率直に話すことが大切になって来ます。

外国の方達は、住んでいる地理的な条件が違い、今まで辿って来た歴史がその国や民族によって全く違うので、私達日本人とは違う生活習慣を持っています。
よく冗談で言われる言葉に、「日本の常識は世界の非常識、世界の常識は日本の非常識」があります。この言葉は悪口でもなんでもなく、1つの事実を語っていると思います。日本には、世界何処を探しても見当たらない素晴しい文化があり、日本人の礼儀の正しさは世界的に高く評価をされています。また、反面日本では多くを語らない「沈黙は金」とされていますが、海外ではそれは徳とは見ないんです。

そういう観点から、自分の意見をいい、そして相手の意見も聞く。この作業がなくては、正しく相手を理解することは出来ません。このダイオローグが相互理解には必要です。

自分が胸襟を開いて話しをすれば、相手も同じ様に対応してくれるでしょう。

なにはとにあれ、国際交流は本当に楽しく、様々な交流に携わらせて頂いたお陰で、老若男女を問わず色々な国籍の方とお友達になることができました。これは至福の喜びであり、私の人生の財産になっています。
心と心が通じ合うそんな素晴しい出会いを皆さんと一緒に作って行けたら、最高です。

世界中の人が、異文化の人との素晴しい出会いを持つことができれば、世界から絶対に戦争はなくなると確信しています。


海外を舞台に活躍することは、もう夢ではありません。

一般社団法人「国際人育成支援協会」さんが、嬉しいことに1つの最適な国際交流の出来るパレットをご用意下さいました。皆さん、このパレットの上で安心して、存分に先ずは暴れてみて下さいね 笑

ベルリン在住の若者も適時、皆様にメッセージをお送りし、皆さんと「お友達になれたらいいな~」って、言っていますよ
ファッションのこと、シネマ、スポーツ、余暇の過ごし方、学校で、職場で、旅行、今人気の食べ物、将来のこと、etc. . .。
楽しみにしていて下さいね。また、どんなことが知りたいのか、ご希望も教えて下さい。

他のヨーロッパの国の首都と比べると、ベルリンは敷居が低く、とっても気軽に外国人を受け入れる町です。オープンマインドのそんな気質を持ったベルリン子たちとお友達になりませんか?

世界で一番エキサイティングな町ベルリンから、お祝のご挨拶を送らせて頂きました。
今後ともどうかよろしくお願い致します。

後藤裕起子

http://berlin-kankougaido.com
http://www.berlin-tsuyakugaido.com

シュヴェリン高校
シュヴェリン高校
ジャズのアンドレアさんのトリオ
ジャズのアンドレアさんのトリオ